他のED治療薬とシラグラの違い

レビトラやシアリス、バイアグラなどED治療薬はそれぞれ系統があり、主成分の違いからさまざまな特徴があります。
シアリス系は効果持続時間が驚異的に長いが、爆発的な勃起力はありません。
レビトラ系は飲食の影響を受けにくく、即効性があります。

silagra53バイアグラ系は3種の中で一番勃起力が強く、食事の影響を受けやすく、効果持続時間も短いです。
インドで製造されたシラグラはバイアグラのジェネリック薬で、効果などはすべてバイアグラのものに準じています。
バイアグラ系のジェネリック薬の中でもポピュラーなこの薬は、確かに持続時間が3時間から6時間と短く、その分爆発力が強い面が特徴です。
それぞれの違いをわかりやすく説明しているサイトもけっこうあるので、それを見てみるとわかりやすいでしょう。

私もこの薬を使うまで、どれがどのくらいの効果を持ち、副作用がどの程度あるのか知りませんでした。
しかし、使っていく過程でそれが確実にわかるようになり、ED治療薬のよさを知るに至ったわけです。
シラグラを買う場合は、たいてい値段を見るでしょう。
今の相場は一錠あたり200円から100円の範囲で、それ以上安くなったらまがいものの可能性があります。

インドのジェネリック薬は特許に関する法律が特殊な関係から値段がオリジナル品に比べて格段に安いのが普通です。
しかし、異常に安く販売されているサイトなどもちらほらと見かけるので、それらは注意してみておいたほうがいいでしょう。
友人が一度まがいものをつかまされたことがあり、インド製のジェネリック薬には注意しなくてはならないとの気持ちは強くありました。
しかし、彼の話をよくよく聞いてみると、安さにつられて、よく知らない業者から買ってしまったことがわかったのです。
私もインポテンツをわずらっているので、現在は信頼できる個人輸入代行業者さんからシラグラを定期的に買っています。

ここの売りは正規品100パーセントでして、メーカーさん純正の薬を大変安い値段で買うことが可能です。
安いといってもそれは相場から見て妥当な範囲であり、まがいものではありません。
このサイトを使うようになって、私はインドのジェネリック薬に対しての偏見もなくなりました。
むしろ、インドの製薬技術の高さを改めて見直し、高すぎる医薬品の業界に一石を投じている姿勢を評価するようになったのです。

バイアグラなどは日本国内でも認可され、クリニックで処方される薬です。
しかし、そのジェネリック薬であるシラグラはいまだ認可されていません。

日本では医薬品の認可基準がかなり厳しいので、なかなか新しい薬が認可されないのです。
ただ、海外医薬品を個人輸入する方法ならば、昨日製造、販売された海外の薬でもすぐに取り寄せることができます。
ネットで薬が通販できるようになった今の時代は、いろいろな面で進化しているのでしょう。
私たちの性生活はこうした環境の変化と共にあり、ED治療薬も身近な存在になりました。

ジェネリック薬のシラグラについての情報サイト

シラグラは、インドで製造・販売されているジェネリック医薬品です。
バイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルが含まれているので、即効で勃起力を高めてくれる作用があるのです。
このシラグラについて情報を提供しているインターネットサイトを見つけました⇒シラグラについて
こちらはシラグラを使いたい方にとっては、非常にためになるサイトだと思います。