シラグラを使った経験

利用してみないといまいち効果が実感できない薬があります。
AGA治療薬しかり、水虫薬しかりです。
これらは効能に個人差があるので、体に合ったものを使わないと、まったく効果が体感できないとか、逆効果になる場合すらあります。
そんな薬の中で男性の体に特に作用するのが、ED治療薬です。
これはインポテンツになったり、中折れを経験した人ならわかりますが、勃起不全を治療する薬のことで、バイアグラなどが有名でしょう。
かなりの劇薬ですので、利用には十分な知識と注意が必要になります。
何度もこれを利用してセックスしている人は、用法や用量などを守りつつ、自分のペースで飲むことが可能です。
私の友人はバイアグラを最初使っていましたが、値段があまりにも高いので、そのジェネリック薬であるシラグラに切り替えました。
この薬はバイアグラの主成分シルデナフィルを用いて作られたコピー薬で、効果も副作用も持続時間も、すべてがバイアグラと同じです。
正確には製法、製薬会社が違うので、若干のずれはありますが、勃起不全を解消するとの目的は同じなので、名前の違う同じ薬と見て差し支えありません。
ただ、その価格差はかなりのもので、バイアグラのオリジナルが一錠1500円から2000円もするのに対し、こちらは一錠100円から200円と激安なのです。
その理由はインドの特許システムにありました。
インドで作られたバイアグラのジェネリック薬シラグラは、当然インドの法律の適用を受けて製造されています。
特許の概念が他国と著しく違うインドでは、オリジナル薬と成分の同じジェネリック薬を作っても、特許料を支払わなくてもいい仕組みがあるのです。
そのため、特許料が最初から含まれない薬としてこれが販売され、値段が格段に安くなります。
一時はこの価格の安さが異常とされ、まがいものやにせものが横行する理由の一つになりました。
法外に安いバイアグラなどが出回り、そのすべてがにせものだったこともあります。
ジェネリック薬はにせものではなく、れっきとした商品です。
ただ、同じ成分で作られ、製造される経緯が違うだけなので、まぎらわしいのでしょう。
この仕組みを理解してからは、私も海外医薬品のジェネリック薬を進んで買えるようになりました。
30代になってから中折れを経験してしまった私は、妻の勧めでシラグラを試してみることにしました。
信頼できる個人輸入代行業者の所で買わないと、偽者をつかまされるとの情報は得ていたので、業者選びには特に慎重になったのです。
最終的には正規品のみを扱う業者さんの所で買うことになり、注文してすぐに品物を受け取ることができました。
その日のセックスは大変エキサイティングで、妻もこれほどすごいとは思わなかったと後で感想をもらしています。
シラグラを使った経験は私にとって大変有意義なものになりました。
これによってインドのジェネリック薬に対しての偏見がなくなり、生活の中にこれを組み込むことができたのです。